第21回ピース食堂「冷やし中華」

8/6土曜日、涼しめの朝、第21回ピース食堂は理事長からのピースプロジェクトの歌 “Shine around the world”の発表、ピース食堂第一号支店『恵ちゃんのピース食堂』の報告、広島の原爆の日への黙祷、からスタートとなりました。

メニューは焼き豚たっぷり冷やし中華と冷製ワカメスープ、120食すべて提供いたしました。夏休みとあって楽しみにしてくれている子供たちが早くから並んでくれました!イベントスペースで暑さ対策のかき氷を提供しながら、調理準備のボランティアも励みになりました。ボランティアもレギュラー格闘系ボラチームはもちろん、初参加の方もあり、夏休みを利用して姉妹だけでの参加もあり、コロナ感染拡大の影響を受けて濃厚接触者枠のためボランティア人数が減ってしまったので、錦糸卵を作ってくれる助っ人あり、前日仕込みから手伝ってくださったスーパー助っ人あり、と多彩な顔ぶれで美味しい冷やし中華、楽しいイベントを提供するために働いてくださいました。本当に頭が下がります。

キックボクシング体験にはピース食堂専属のナオキック選手、そして前回から参加してくれているLAで活躍中の堀内佑馬選手、さらにナオキック選手に続いて最多ボランティア参加となったチャッピー吉沼大樹選手と豪華3人でのイベントスペースも年齢問わずにぎわいました。

寄贈品は夏野菜たくさんメニューに野菜をすべてご支援いただいた足立子ども食堂支援協議会様、第1回からお菓子をご支援いただいているみよちゃんさん、ボランティアとしてもご参加いただいている早坂さん、カレーレトルトのご寄附もありました。ありがたく活用させていただきます。提供を無事に終え、集合写真を撮って(撮影の時だけマスクは外してます)片付る頃には涼しかった朝はどこへやら、また猛暑の予感です。皆様どうぞお気をつけてお過ごしください。そして、ご報告です。明日よりピースプロジェクト代表の加藤は新潟県の土砂災害の炊き出し支援に現地入りします。ピースプロジェクト、ピース食堂は皆様のサポートで継続した活動を行って参ります。ご支援、ご協力をお願い致します。

【銀行でのご寄付先】

三井住友銀行 人形町支店 普通預金1338334

振込名義:特定非営利活動法人ピースプロジェクト 『トクヒ)ピースプロジェクト』

【カードでのご寄付】ホームページよりhttps://www.peace-project.net/support/

7/23 第20回ピース食堂無事終了です。

2022年7月23日、第20回目となる『ピース食堂』を開催し、“とうもろこしご飯、ミートボールお弁当”100食を無事提供しました。

本当は今日から120食提供すべく準備してきましたが、夏休みに入ったばかりで外出された家族が多かったらしく、前回まで同様100提供となりました(前回まで10分で整理券配布終えて大勢の方にお断りしていたという苦渋の上で120食提供に踏み切りました)。今日は朝から猛暑を予想させる暑さで、準備段階から汗だくでしたが、コロナ感染対策に加えて熱中症対策を万全にして予定通り整理券配布、キックボクシング体験、お弁当配布まで問題なく行う事が出来ました。

キックボクシング体験には“RISEファミリープロジェクト”からHIROYAさんに来ていただきました。キックボクシング初体験の子どもにも親切丁寧に笑顔で指導している姿は『魔裟斗2世』ではなく、立派な経営者そのものでした。HIROYAさんありがとうございました。もう1人は19歳から単身渡米してUFCを目指す“イチバン侍”堀内祐馬選手でした。元々足立区出身と言う事で以前から「ピース食堂に僕も参加させてください‼︎」とラブコールいただいてましたが、今回の帰国タイミングで参加していただきました。お持ち帰り用のお菓子、惣菜としてみよちゃんさん、早坂さんからお菓子を、#足立子ども食堂支援協議会 様からもお野菜以外にもフリーズドライ味噌汁、アルコールボトルを提供していただきました。ハワイ在住ボランティアの方からパイナップル🍍グミ、別のボランティアのかたからもフルーツゼリーをご寄贈いただきました。皆様、本当にいつもありがとうございます。ボランティアも初回と同じくらい大人数でしたが、手のこんだメニューだったので皆さんに分担していただき、ギリギリで提供する事が出来ました。ボランティアにご参加くださった皆さんにも心からお礼申し上げます。

次回は再来週、8月6日土曜日、『冷やし中華』120食提供します。

5/15(日)第18回ピース食堂 May 15th (Sun) The 18th Peace Cafeteria

第18回目のピース食堂無事終了しました。今回も100枚の整理券が10分で無くなる大盛況でした。提供数を増やしたいけれど、物理的な限界もあり、悩ましい限りです(今後の事は更に真剣に考えています)。

本日メニューの『チキン南蛮弁当』もそうですが、来てくださる方々から「毎回美味しくて楽しみにしてます」と笑顔で言っていただけるのが励みになっています。

また足立区子ども食堂支援協議会様からお野菜を、みよちゃん様、早坂様、田口様から子ども達へのお菓子の差し入れをいただきました。足立区子ども食堂支援協議会様の鈴木様はお手伝いにも参加していただきました。いつも本当にありがとうございます。

The 18th Peace Cafeteria has successfully completed. This time too, it was a great success. 100 numbered tickets was gone in 10 minutes. I’d like to increase the number of offers, but there are physical limits and is difficult….(I’m thinking more seriously about the future). As with today’s menu “Chicken Nanban Bento,” it is encouraging to hear from the visitors saying, “I’m looking forward to it every time.” We received vegetables from the Adachi City Children’s Cafeteria Support Council, and sweets from Miyo-chan, Hayasaka san, and Taguchi san for the children. Mr. Suzuki of the Adachi City Children’s Cafeteria Support Council also participated. Thank you always so much.

また通りすがりのお母様から「このお米使って‼️」と5キロのお米をいただきました。更に、毎回並んでくださる親子から「お手紙を持って来ました」と嬉しいサプライズもありました。ボクシング体験、キックボクシング体験には世界女子五冠王者の藤岡奈穂子選手、ファイトベース都立大から駒杵選手、村井選手が参加してくれました。中には何回も体験する子どももいて楽しそうな笑顔を見せてくれてました。これから暑くなるので、体験する方も教える方も大変かも知れませんが、健康的な汗をかいてもらいたいと思います。次回は6月11日です。メニューはキャラクター弁当(ハヤシライスバージョン)です。

In addition, I received 5 kg of rice from a mother who was passing by , saying “please use this rice.” There was also a nice surprise from the parents and children who participated in our cafeteria every time saying, “I wrote a letter to you.”

MS. Naoko Fujioka, the world women’s five-crown champion, and MR. Komakine and MR. Murai from Fight Base Toritsudai participated in the boxing and kickboxing trial experiences. Some of the children tried it many times, and they showed us a happy smile. It will be hot from now on, so it may be difficult for both those who experience it and those who teach it, but I would like both parties to enjoy and . Next Peace Cafeteria is June 11th. The menu is a character lunch (Hayashi rice version).

ピース食堂2期目初回はBBQで無事終了! The first time of the second term of Peace Cafeteria was successfully completed with BBQ.

4/23㈯ 第17回ピース食堂開催いたしました。

The first time of the second term of Peace Cafeteria was successfully completed with BBQ.

連休前のスペシャルメニュー ✨オージー・ビーフステーキバーベキュー✨ フレンチフライ、グリル新玉オニオン、ミックスベジタブル、手作り無添加ふりかけ、で無事に終了しました。 外バーベキュー、運営側にも熱中症が出るかと懸念するほどの夏日快晴でした! 整理券100食配布の所要時間は10分。 お断り数がかなり出てしまいました。 楽しみにされていた皆様、本当に申し訳ございません。 お持ち帰り式でなければ時間差で食数を増やすなど対応していく方法が今後の課題です。 そのような中、昨年のBBQ実施日に登校日で来られず、今回は絶対に食べたいんだ!と言って来た子、メニューが気になり来たという子、兄弟分も無料で持って帰ってもいいんですか、と遠慮がちに取りに来た子など、はじめて1人で来た子どもたちも散見されました。 先日の文教大学での講義で『こども食堂は地域のインフラとして必要不可欠な存在になる』とこども食堂の進む道が示されましたが、場所柄3つの小学校区が対象エリアのピース食堂の未来像実現のヒントにもなりました。

Special menu for Peace Cafeteria before consecutive holidays was “Aussie beef steak barbecue, French fries, grilled onion, mixed vegetable, handmade additive-free Furikake (sprinkle)”, and it finished successfully.!! It was so sunny day that I was worried about the outside barbecue temperature that our management side would suffer from heat stroke! It only took 10 minutes to distribute 100 numbered tickets. The number of refusals has come out quite a bit.

I’m really sorry to everyone who was looking forward to it. If it is not a take-out, the future issue is how to deal with it, such as increasing the number of meals with a time lag. Under such circumstances, some children said “I couldn’t come to school on the day of last year’s BBQ, so I definitely want to eat this time! “and there were children who came alone for the first time, other children said they came by as they were interested in the menu, children who were asking if they could bring back food for their siblings, and many more. A lecture at Bunkyo University the other day showed that the children’s cafeteria will become an indispensable part of the local infrastructure, but the future of the peace cafeteria in the target area is the three elementary school districts. It was also a hint for realizing this image.

もうひとつ、ピース食堂名物イベント、キックボクシング体験も暑さにもかかわらず、賑わいました! 第一回から担当してくれている石川直生選手が子どもに『やってみようか!』ときさくに声をかけると『やってみる』とチャレンジする子どもの多いこと! ピース食堂が大事にしたい、ふれあいのある支援活動の大きな力添えです。

Another special event at the Peace Cafeteria, the kickboxing experience, was crowded despite the heat! Naoki Ishikawa, who has been in charge since the first time, asked the child, “Let’s try! There are many children who want to challenge themselves  when Naoki called out to them! It is a great help to support activities such as these that are important to the Peace Cafeteria.

今回は参加できないボランティアさんから100袋のラムネを、レギュラー支援者の早坂さんからもお菓子を、 足立こども食堂支援協議会様からは、新鮮で立派なお野菜のご支援をいただきました。ありがとうございます。 文教大学学生ボランティアさん4名をはじめとする格闘系ボランティアにご参加ご協力くださった皆様も本当にありがとうございました。 次回は5/15(日)開催です!

ピース食堂は2期目に入りました。 引き続き皆様からのご支援、どうぞよろしくお願い申し上げます。

This time, we received 100 bags of ramune from volunteers who could not participate, sweets from regular supporter Hayasaka san, and fresh and vegetables from the Adachi Children’s Cafeteria Support Council. Thank you. We would like to thank all of you who participated in and cooperated with the kick boxing volunteers, including four Bunkyo University student volunteers. Next time will be held on 5/15 (Sun)!

The Peace Cafeteria has entered its second term. We look forward to your continued support.

04/18 文教大学ゲスト講談     Bunkyo University guest storytelling 

ピース食堂にもボランティアでお手伝いに来てくださっている、文教大学有志でスタートした子ども食堂、「ぶんこ食堂」とのつながりのご縁で、有志の学生の皆さんが所属されている渡邉暁子先生のボランティア入門の講義の中で、ゲスト講談の機会をいただきました。

「ピースプロジェクトの活動」「子ども食堂を始めるきっかけ」「JALにいた私がなぜ今この活動に従事しているのか」 などなど。。。30分枠を使い切り、質疑応答の時間もなくなる熱い?講談となりました。

Akiko Watanabe, is a teacher to the volunteer students gave me a chance to give introductory volunteer lecture to the students. This became possible as  “Bunko Shokudo,” a children’s cafeteria that started as a volunteer at Bunkyo University, was also a volunteer to help the Peace Cafeteria.

I spoke about “Peace project activities,” “Why did I start a children’s cafeteria,” “Why was I at JAL now engaged in this activity?” .. .. It was an intense talk and used up  30-minute quickly and almost no time for questions and answers… It was  storytelling.

調理アドバイザーを務める @bunkoshokudo ぶんこ食堂の二宮さんもかけつけて見守ってくださる大変心強い中、なんとか終えることができました50名強の学生の皆さんのうち、数名でも子ども食堂やボランティア活動に興味を持ってくれるきっかけの一つになってくれたら嬉しいです。

Ms. Ninomiya from the Bunko Shokudo, @Bunkoshokudo, who serves as a cooking advisor, last minute joined hear my talk which was very encouraging.  Of the 50 students that participated , I hope my talk has become one of the triggers for the students to want to join and  gain interest in our activities.